【第89回アカデミー賞】大逆転!ハプニングありで「作品賞」は『ムーンライト』に

第89回アカデミー賞授賞式が2月27日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催。ステージ上では、一度プレゼンターが『ラ・ラ・ランド』の名前を呼び上げるも、実はバックステージで封筒手渡しのミスが発生。正しくは、黒人少年の成長と葛藤を描いた『ムーンライト』が「作品賞」を受賞! 大本命と目されたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が同賞を逃す大波乱が巻き起こった。

【画像】ステージ上の大混乱の様子!

本年度のアカデミー賞で作品賞をはじめ、監督賞(バリー・ジェンキンス)、脚色賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、助演女優賞(ナオミ・ハリス)、撮影賞、編集賞、作曲賞の8部門にノミネートされ、合計3部門を受賞。もともと、全米の主要メディアが「本年度のベスト級」と評し、オスカー前哨戦でも『ラ・ラ・ランド』と肩を並べる高い評価を受けていた本作がそのポテンシャルを発揮し、近年まれに見る“大逆転”を披露した。

麻薬中毒の母親をもつ黒人少年のシャロンが、いじめや貧困といった過酷な環境を生き抜くなかで、自らのアイデンティティに葛藤しながら、成長を遂げる姿を描いた本作。淡くピュアな初恋や、大人になっても心に残る後悔の念、思わぬ再会がもたらす“光”といった普遍的なテーマが色彩豊かな映像美でつづられる。

『ラ・ラ・ランド』プロデューサーが受賞のコメントをし、役者やスタッフが喜びの涙を浮かべる中、今回の封筒手渡しのミスが発覚。プロデューサーは既に手渡されたオスカー像を「僕たちから『ムーンライト』のみなさんに渡したい」と話し、両作品が互いを称え合った。

ジェンキンス監督はパプニングを受けて「これが現実だ、なんてことでしょう」と語り、「本当に長年一緒にやってきたみなさんに感謝です」「この映画は不可能だと思っていました。でもここにいる人たちが『大丈夫』だといってくれた」と話した。

『ムーンライト』は4月、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

【第89回アカデミー賞】『ズートピア』長編アニメ賞!ジブリ4年連続受賞ならず…

第89回アカデミー賞授賞式が2月27日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、全世界興収10億ドルを突破した大ヒット作で、オスカー前哨戦も圧倒的な強さを見せていた大本命『ズートピア』が「長編アニメーション賞」を獲得した。

【画像】『ズートピア』メイン画像

一方、スタジオジブリが海外のスタジオと共同製作した『レッドタートル ある島の物語』は受賞を逃した。ジブリ作品は『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『思い出のマーニー』、そして本作と4年連続で「長編アニメーション賞」の候補に挙がったが、いずれも涙をのんでいる。

動物たちが人間のように暮らすハイテク都市「ズートピア」を舞台に、ウサギの新米刑事・ジュディと、キツネの詐欺師・ニックがタッグを組んで、続発する動物失踪事件の謎を追いかける。2月には「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第44回アニー賞で、作品賞にあたるアニメーション映画賞をはじめ、主要6部門を制覇していた。

ステージでは「世界中でのこの映画を観てくれた人たちに感謝します。この物語を受け入れてくれた“寛容”は、我々を分断しようとしているものよりも強いものだ」とコメント。さらにジョン・ラセターや両親たちへの感謝を思い思いに伝えた。

個性あふれる動物たちが暮らすさまが“多様性”の象徴として描かれ、公開時には「アメリカの縮図」と評されたほど。トランプ政権の誕生によって、アメリカ社会の基盤でもある多様性の重要性が根幹から揺らぐ事態となった現在、本作が放つメッセージはより強力なインパクトを残す結果となっている。

違反行為発覚で「13時間」アカデミー賞音響賞ノミニー1人が取り消し

[映画.com ニュース] アカデミー賞のノミネート選考期間中に違反行為を行ったとして、「13時間 ベンガジの秘密の兵士」を担当した調音技師のひとりがノミネートを取り消されたと、Deadlineが報じた。

【第89回アカデミー賞】アカデミー賞受賞・結果速報はこちら!

同作は、2012年にリビアで発生したアメリカ領事館襲撃事件をマイケル・ベイ監督が映画化した作品で、アカデミー賞音響賞には調音を手掛けたゲイリー・サマーズ、ジェフリー・J・ハボウシュ、マック・ルース、グレッグ・P・ラッセルの4人がノミネートされていた。しかしノミネート選考期間中、ラッセルが音響部門のアカデミー会員に電話をかけ売り込みを図っていたことが発覚した。

アカデミー賞の規定により、会員に電話で売り込む行為は禁じられているため、同賞を主催する映画芸術科学アカデミーの役員会はラッセルのノミネートを取り消すことを決定した。なお、他の3人は処罰されない。

なお音響賞には同作のほか、「メッセージ」「ハクソー・リッジ」「ラ・ラ・ランド」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」がノミネートされている。

元KAT-TUN田口の次は田原 元ジャニーズとの契約会社に業界が注目するワケ

歌手・田原俊彦が、6月に大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」からニューシングルを発売することが明らかになった。

田原俊彦は約11年ぶりにメジャー復帰

 田原は、ジャニーズ事務所に所属し、「たのきんトリオ」の一人として活躍していた1980年6月に『哀愁でいと』で歌手デビュー。

その後、『抱きしめてTONIGHT』や『ごめんよ涙』など数々のヒット曲を世に放った。ジャニーズ事務所退社後、一時期はテレビなどでの露出が減る中、近年は所属事務所の自主レーベルなどからシングル曲をリリース。

今年6月リリース予定のニューシングルで、約11年ぶりにメジャー復帰することとなった。

元「KAT-TUN」の田口も同じレコード会社と専属契約を発表

 田原がニューシングルを発売する「ユニバーサルミュージック」といえば、先日に昨年3月にKAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所を退社した田口淳之介とも2年間の専属アーティスト契約を結んだばかり。

ここにきて、“元ジャニーズ”とのパイプを強化しているようにも見える同レコード会社だが、音楽誌の編集者はこう語る。

「『ジャニーズ事務所』といえば、『嵐』や『TOKIO』らが所属する自社経営の『ジェイ・ストーム』以外に、『V6』や『Kis-My-Ft2』は『エイベックス』に所属。昨年解散した『SMAP』は『ビクターエンタテインメント』に所属させ、『関ジャニ∞』も14年までは『テイチクエンタテインメント』に所属させるなど、他のレコード会社ともパイプを作って来ました。そんな中、『ユニバーサルミュージック』は『ジャニーズ事務所』のアーティストが所属していない数少ない大手レコード会社の一つ。そういう意味では、『ジャニーズ事務所』とのしがらみはありません。さらに、最近では傘下レーベルの『Virgin Music』が、『ボイメン(=BOYS AND MEN)』といった『ジャニーズ事務所』と競合する、いわゆる男性アイドルグループの売り出しにも力を入れています」

レコード会社に業界内が注目する“別の理由”

 そうした中、今回の2人のメジャー契約は、ある“別の理由”でも業界内で大きな注目を集めているという。

「昨年に解散した『SMAP』ですが、『ジャニーズ事務所』からの独立&分裂騒動の渦中、仮に木村拓哉さんを除く4人のメンバーが独立した場合、新たに所属するであろうレコード会社として最有力視されていたのが、『ユニバーサルミュージック』でした。一部メディアではいまだに『SMAP』メンバーの独立問題が取り沙汰されていますが、このタイミングで『ユニバーサルミュージック』が、元ジャニーズの田原さんや田口さんと契約したことは、何とも興味深いですね」(同編集者)

元ジャニーズの人気アーティスト2人と契約を交わした「ユニバーサルミュージック」だが、今後新たな動きがあるのか注目したい。

(文責/JAPAN芸能カルチャー研究所)

細川茂樹側の発表を事務所否定 5・7契約終了「聞いていない」

所属事務所「サムデイ」と契約解除を巡り争っている俳優細川茂樹(45)の代理人弁護士が「5月7日で契約終了」と一部に発表した件で、所属事務所の関係者が26日、スポニチ本紙の取材に「そんな話は聞いていない」と発表内容を否定した。

【写真】細川茂樹、妻は元シェイプUPガールズの三瀬真美

細川の代理人は「3カ月の準備期間を与えるならば理由がなくても契約を終了できる」とする契約条項に基づいた契約終了と説明。今月7日に事務所側から申し入れがあり、細川が同意したとしている。だが事務所関係者は「そのような申し入れはしていない。こちらは昨年12月26日に契約解除を通告した。3カ月後ならば来月中の契約終了となる」と話した。

朝ドラ「カーネーション」出演の川崎亜沙美、だんじり婚&妊娠6カ月

NHK連続テレビ小説「カーネーション」で、尾野真千子(35)演じるヒロインの次女・直子役を演じた女優の川崎亜沙美(32)が、3歳年上の一般人の男性と昨年9月に結婚し、現在妊娠6カ月であることが26日、分かった。

【写真】「カーネーション」に出演した川崎亜沙美。新山千春、尾野真千子と

川崎によると、お相手は同じ大阪府岸和田市出身で、交際歴3年半という「チュートリアルの徳井義実さん似」のJA職員。知人の兄で、昔からだんじり祭の日に会って、「男前やな」と思っていたが、最初はメールを年に1回するかどうか程度の間柄だった。

そんな関係が変わるきっかけとなったのが女優として一皮むけた、地元が舞台の「カーネーション」だった。オーディションに向け、11年に東京から岸和田へ転居。放送終了後に仕事依頼が関西で相次いだこともあって岸和田にとどまっていたところ、男性と偶然に顔を合わせる機会が重なり、自然な形で13年3月に交際をスタート。昨年9月18日の岸和田名物「だんじり祭」の日に婚姻届を提出した。その後、妊娠が判明。現在は出産予定日を待ちながら幸せな日々を送っている。

「カーネーション」はファッションデザイナーのヒロコ・ジュンコ・ミチコの「コシノ3姉妹」を育て上げ、自らも晩年は同じ職で活躍した母・小篠綾子さんの生涯に基づく作品。おなかの子供の性別はまだ不明だが、川崎は「直子役は人生の励み。もしも女の子なら、同じように元気な3人姉妹を産みたい」と宣言。一方で今も岸和田在住ということもあり、「男なら?それなら、祭りに生きる子に育てるしかない!」と笑っていた。

仕事は3月2日放送のABC「ビーバップ!ハイヒール」に出演するなど体調を見ながら動けるまで続ける予定。産休後も芸能活動は続ける。

◆川崎 亜沙美(かわさき・あさみ)1984年(昭59)10月18日生まれ、大阪府岸和田市出身の32歳。中学時代はバレーボール部主将、高校3年間は柔道部に所属し、空手初段の腕前を引っ提げ、2003年にJDスター女子プロレスに入団。その後、シンガー・ソングライターや女優の道へ。主な出演作にNHK時代劇「夫婦善哉」「ちかえもん」、映画「ワイルド・フラワーズ」など。

長寿番組がまた一つ…テレ東系「L4 YOU!」33年の歴史に幕

テレビ東京系生活情報番組「L4 YOU!」(月~金曜後3・55)が3月いっぱいで終了することが26日、分かった。1983年にスタートした前身番組「レディス4」を含めて、33年の歴史に終止符を打つ。名物の通販コーナーは、テレビショッピングのパイオニア的存在だった。故高崎一郎さん、大島さと子(57)、草野満代(50)と司会者を交代しながら、生放送でグルメや旅など上質な情報を主婦ら女性視聴者に届けてきた長寿番組が、その役割を終える。

テレ東の平日夕方4時から、1時間生放送で主婦の生活情報を届けた名物番組が、33年の歴史に幕を閉じる。

前身番組「レディス4」は1983年、ニッポン放送の元プロデューサーで「オールナイトニッポン」の初代パーソナティーだった高崎さんが初代司会者を務めてスタート。70年代、すでにフジテレビで通販番組を企画していた高崎さんの知見と歯切れの良いしゃべりをいかした通販コーナーが名物で、旅やグルメなど主婦向け生活情報で時代を切り取ってきた。

高崎さんが2003年に降板後、司会を俳優の柴俊夫(69)、女優の大島さと子が歴任。12年からは「-4」の流れを引き継ぐ形で「L4 YOU!」にリニューアルされ、NHKアナウンサー出身の草野が、テレ東の板垣龍佑アナウンサー(34)と司会を務めている。

番組草創期の1980~90年代、民放の午後4時台はアニメやドラマの再放送が占めていたが、テレ東は生放送の同番組で独自路線を歩んできた。だが近年は、生放送を前面に打ち出す他の民放各局が、午後のワイドショーから間髪入れずに生活情報も加えた報道番組へスイッチするスタイルに次々とシフト。その流れに飲まれる格好となった。

民放ではここ数年、長寿番組の終了が相次いでいる。再来年から平成に代わる新たな元号が検討されているが、昭和から親しまれてきた番組が、またひとつ姿を消すことになる。

4月以降は、現在キャスティングを進めている新番組がスタート。33年の長寿番組からバトンを引き継ぎ、夕方帯の激戦区に参戦する。

猛毒VX、遺体から検出=金正男氏事件でマレーシア警察―北朝鮮関与の見方強まる

【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、死因に関する暫定分析結果を発表し、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと明らかにした。

〔写真特集〕金正男氏殺害事件~黒幕とされる2等書記官、犯行時のイメージ映像も~

正男氏の顔や目から採取したサンプルを調べた結果、分かったという。警察はこれ以上の詳細を公表していない。化学兵器に分類されるVXの使用が確認されたことで、大掛かりな組織的犯行だった可能性が濃厚となった。化学兵器を保有しているとされる北朝鮮の関与を疑う見方が一層強まるのは確実だ。

事件は13日、クアラルンプール国際空港で発生。これまでの警察の調べでは、マカオに向かうところだった正男氏の前と後から、女2人が同氏の顔に液体を塗って逃走。正男氏は体調不良を訴えて、空港から病院に搬送される途中に死亡した。

警察は、実行犯とされるインドネシア人のシティ・アイシャ(25)、ベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)の両容疑者のほか、北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)ら計4人を逮捕。毒物を使った犯行の可能性が高いとみて、死因特定のための分析作業が進められていた。

VXは化学兵器禁止条約で開発や生産、使用などが禁止されており、日本では無差別殺傷テロ事件を起こしたオウム真理教が使用した。神経剤の中でも最も毒性が高いとされる。

千秋に離婚相談が殺到 「千秋会」が芸能界の一大勢力に

情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系、金曜レギュラー)などに出演中のタレント・千秋(45)のもとに、女優や業界関係者らが列をなしているという。事情通によると「既婚女性ばかりで離婚の相談に行くんです」。なんと千秋は知る人ぞ知る離婚コンサルタント的な存在になっているのだ。

2007年にお笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造(45)と離婚した千秋。その後、TBSの“若手ホープ”と呼ばれる15歳年下の局員と再婚し、順風満帆な日々を送っている。

「千秋は芸能人が離婚したときのメリットとデメリットを知り尽くしている。普通は慰謝料や子供の教育をめぐって弁護士に仲介を頼むんですが、芸能界という特殊な世界を理解できない場合もあり、その後の身の振り方については自分で考えなければならなかった。その点、千秋は法律以外の芸能人として守るべきこと、やるべきことなどを知り尽くしていて、非常に頼りになるようです」(放送作家)

評判が広がり、離婚を真剣に考える芸能人が千秋に押し寄せているというわけだ。

「千秋が必ず話すのが『すべてにおいて口を閉ざす。相手が悪くても絶対に非難してはダメ』ということ」(芸能プロ関係者)

確かに千秋は離婚の原因について、これまで詳細を語っていない。

「離婚の原因は金銭トラブル。遠藤自らテレビで話したんですが、ある投資話に乗っかった遠藤が数千万円をつぎ込んだ。千秋は反対していたのに遠藤はまんまとだまされる羽目に…。以来、夫婦仲が冷えてしまったんですが、千秋がこれを一切話さなかったことで評価が上がった。口が堅いと信用を得て、これまで以上に相談が増えたそうです」(同)

相談が次々と舞い込むことから、今後は千秋が定期的に食事会を主催することに。

「“千秋会”(せんしゅうかい)と呼ばれ、芸能界の一大勢力になりそうです。メンバーには女優のE、K、元グラドルのY、Oなどがいるそうです」(同)

離婚相談が思わぬ方向に発展か…。

観月ありさ、26年連続30回目の連ドラ主演 4月期のフジ“日9”

女優の観月ありさが、4月スタートのフジテレビ系“日9”ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(毎週日曜 後9:00)に主演することが24日、発表された。観月は同作にて、26年連続で連続ドラマ主演を務めることになる。また、今作の連ドラ主演が30作品目という節目を迎えることに。観月は「純粋に役をいただけて“26年連続”という記録を今回更新できることにとても感謝しています。同時に、今作が通算30作品目の連ドラ主演ということも非常に感慨深いです。感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

【写真】歌手デビューした25年前の観月ありさ

同局の連ドラで主演を務めるのは、2007年4月期の『鬼嫁日記 いい湯だな』以来、10年ぶり。今回の作品で観月が演じるのは、名家のお嬢様にして、3度の飯より「骨」が好きという九条櫻子(くじょう・さくらこ)。職業は骨格標本を組み立てる標本士。

2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された同名ミステリー小説が原作。同年、「電子書籍大賞ミステリー部門」優秀賞を受賞した。翌年2月に角川文庫で書籍化され、既刊10巻(2016年7月現在)の人気タイトルに。漫画版が『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載されている。

博物館の依頼を受け、自宅アトリエで動物の骨を日々組み立てている櫻子が、大学時代に、教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学んだ知識と、類まれな頭脳と洞察力を生かして、難事件を次々に解決に導いていく物語だ。

これまで、「ナースのお仕事」シリーズ(同局)で、ドジでおっちょこちょいながらも底抜けに明るく患者に接する看護師(朝倉いずみ)や、「鬼嫁日記」シリーズで、傍若無人で自分勝手な典型的な“鬼嫁”専業主婦(山崎早苗)、「斉藤さん」シリーズ(日本テレビ)で、正義感が強く、曲がったことが大嫌いで、決して不正を許さない専業主婦(斉藤全子)など、個性的なキャラクターを演じてきた観月が、今作の“櫻子さん”をどう演じるのか、注目される。

観月本人も「また一つ新しいキャラクターを演じられることを楽しみにしています。これまでも“朝倉いずみ”や“サザエさん”など、とても個性的なキャラクターを演じさせていただきましたが、今回もタイトルに負けないようなインパクトのあるキャラクター“櫻子さん”を演じていきたいです」と意気込んでいる。

■観月ありさ主演 連続ドラマ歴代30作品

『放課後』(1992年10月期 フジテレビ系)
『じゃじゃ馬ならし』(1993年7月期 フジテレビ系)
『いつも心に太陽を』(1994年1月期 TBS系)
『ヘルプ!』(1995年1月期 フジテレビ系)
『ナースのお仕事』(1996年7月期 フジテレビ系)
『いちばん大切なひと』(1997年4月期 TBS系)
『ナースのお仕事2』(1997年10月期 フジテレビ系)
『ボーイハント』(1998年7月期 フジテレビ系)
『天使のお仕事』(1999年1月期 フジテレビ系)
『ナースのお仕事3』(2000年4月期 フジテレビ系)

『私を旅館に連れてって』(2001年4月期 フジテレビ系)
『ナースのお仕事4』(2002年7月期 フジテレビ系)
『ダイヤモンドガール』(2003年4月期 フジテレビ系)
『あした天気になあれ。』(2003年10月期 日本テレビ系)
『君が想い出になる前に』(2004年7月期 フジテレビ系)
『鬼嫁日記』(2005年10月期 フジテレビ系)
『CAとお呼びっ!』(2006年7月期 日本テレビ系)
『鬼嫁日記 いい湯だな』(2007年4月期 フジテレビ系)
『斉藤さん』(2008年1月期 日本テレビ系)
『OLにっぽん』(2008年10月期 日本テレビ系)

『おひとりさま』(2009年10月期 TBS系)
『天使のわけまえ』(2010年7月期 NHK総合)
『華和家の四姉妹』(2011年7月期 TBS系)
『Answer~警視庁検証捜査官』(2012年4月期 テレビ朝日系)
『ご縁ハンター』(2013年4月期 NHK総合)
『斉藤さん2』(2013年7月期 日本テレビ系)
『夜のせんせい』(2014年1月期 TBS系)
『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(2015年1月期 テレビ朝日系)
『隠れ菊』(2016年9~10月 NHK・BSプレミアム)
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(2017年4月期 フジテレビ系)