井ノ原 渡瀬さん哀悼「同志であり恩師です」

俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)が14日に亡くなったことを受け、渡瀬さんが主演する人気ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」で長年共演するV6の井ノ原快彦(40)が16日、所属事務所を通じ、追悼コメントを寄せた。関係者によると、4月スタートの同ドラマの1、2話分は入院中の渡瀬さん抜きで撮影を終えていた。

【写真】兄・渡哲也が追悼「喪失感は言葉にならない…」

渡瀬さんは、最後まで「9係」への出演への熱意を燃やし、亡くなる前日の13日も同ドラマの打ち合わせを行っていた。その後、容体が急変し、帰らぬ人となった。

井ノ原は「思い出が多すぎて、今は何から話していいかわかりません。渡瀬さんは僕の同志であり、尊敬する恩師です。これからも変わらず、大好きです」と哀悼した。

同ドラマは06年にスタート。井ノ原は渡瀬さんふんする加納倫太郎の娘・倫子(中越典子)の恋人で9係の刑事・浅輪直樹を演じている。

なお、テレビ朝日は16日、12年目のシーズンを迎える「9係」(水曜、後9・00)について、予定通り、4月から放送すると発表した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です