石田純一が明かした、3回結婚した理由〈AERA〉

これまで3回の結婚を経験し、それぞれの妻との間に子どもは計4人。最初は学生結婚、2回目は不倫離婚、3回目は22歳の年の差婚……人の何倍も濃い結婚、再婚人生を歩んできた俳優の石田純一(63)。稀代の「モテ男」は結婚、再婚でいかなる男女の機微を学んだのか。石田がたどり着いた「極意」を聞いた。

*  *  *
最初の結婚はまだ早稲田大学の学生の頃で、僕が21歳、彼女が19歳。僕はその頃、アメリカで演劇の勉強をするために留学を決意していました。彼女が長男(俳優のいしだ壱成=42)を妊娠中に僕が渡米することになり、彼女も「後で行くから」と言っていたのですが、いつまでたっても現れず……半年後くらいに「彼氏ができた」と言われました(笑)。彼女は美人で頭もよく、センスがあるのでモテましたから。結局、一度も同居することなく、僕が帰国した2年後に離婚することになりました。

最初の結婚の反省を生かし、次に結婚するなら経済力や社会的な地位を確立してからにしたい、と考えました。30代半ばになって俳優の仕事も軌道に乗り始めた頃、女優の松原千明さん(59)と出会い、1988年に結婚しました。90年には長女(モデルのすみれ=26)が生まれて、僕も寝る暇がないくらい俳優の仕事が舞い込んできて、すごく充実した日々。夫婦生活も本当に円満だったんです。

でもその分、僕に油断があったんですね。出演ドラマがヒットして、周りからちやほやされて、女性からもモテるようになった(笑)。昼は連ドラを撮って、夜は映画の撮影という毎日。家にいないのが普通になってしまい、その環境に僕も甘えてしまった。若かったのでイケイケになってしまい、仕事も家庭も恋愛も、俺は何でもできるんだと慢心してしまったんです。それで、ある女性と不倫関係がずっと続いてしまい、松原さんと娘を傷つけてしまう結果になった。

身勝手な言い方ですが、僕は松原さんとの結婚生活に何の不満もありませんでした。離婚後は自分の行動の甘さを自分で責める日々が続きました。不倫騒動で長らく仕事も失っていたので、経済的にも苦しかった。こう見えて、僕も離婚後はかなりつらい日々を過ごしているんですよ(笑)。

今の妻の(東尾)理子(41)と結婚したのは、彼女が34歳で僕が56歳のとき。理子は壱成やすみれ、松原さんのことも受け入れてくれています。離婚しても、養育費の面も含めて、元妻や子どもたちとは絶対に切れないんです。むしろ絶対に切ってはいけない。それは男のプライドとして持つべき部分だと思います。

でも、理子がそれを受け入れてくれるのは、彼女が過去にいろいろな恋愛経験をして、僕という男を理解してくれるだけの人間的な成熟があったからです。これがお互いに10年前だったら結婚まで至っていないかもしれません。家庭生活でもそう。理子はすごくきっちりした性格なので「これはどうなの!」と責められることもある。30代までの僕だったら道理や論理で「正しさ」を主張していて、大げんかになってしまっていたはずです。でも、過去の結婚で学んだことは、そんな理屈は何の意味もないということ。負けるが勝ちじゃないけれど、妻と衝突せずに家庭を上手に運営していける男性こそが「勝ち」だと思うのです。

なぜ3回も結婚したのかといえば、僕の中で「やりきった感」がないからです。理子という素敵な女性と3度目の結婚ができたのだから、男として仕事をする、夫として妻を支えるのは当然として、遅ればせながら、父として息子(理汰郎くん、4歳)と娘(青葉ちゃん、0歳)の子育ても全力でやりたい。そうして、過去を取り戻している部分があるかもしれません。今度はヘトヘトになるまで、この最後の結婚生活を「やりきりたい」と思っています。そして、僕と結婚してくれた女性たちには、今でも感謝の気持ちしかありません。(談)

(聞き手・構成/編集部・作田裕史)

※AERA 2017年3月20日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です