土屋アンナさん、2審も演出家の甲斐智陽氏に勝訴 舞台公演中止をめぐる損害賠償訴訟 東京高裁

女優・歌手の土屋アンナさん(32)が稽古に参加せず舞台が公演中止に追い込まれたとして、演出家の甲斐智陽氏(65)が土屋さんと実母が経営する所属事務所に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、東京高裁であった。河野清孝裁判長は土屋さん側を勝訴とした1審判決を支持し、甲斐氏側の控訴を棄却した。

昨年1月の1審東京地裁判決は「舞台は準備不足で、土屋さんが稽古に参加したとしても公演は開催不可能だった。土屋さん側に非はない」と判断して甲斐氏の訴えを棄却。甲斐氏が控訴していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です