大塚愛、ドラマ初出演 香里奈の熱烈オファー快諾 女性警官役でノリノリ演技

シンガー・ソングライターの大塚愛(34)が、テレビドラマに初挑戦することが7日、分かった。3月9日放送のフジ系ドラマ「嫌われる勇気」(木曜、後10・00)の第9話で女性警官を演じる。映像作品への出演も06年8月公開の映画「東京フレンズ The Movie」以来、11年ぶりとなる。大塚は主題歌「私」も担当。主演の香里奈(33)からのオファーに快諾した。

【写真】大塚愛、まさかの○○嫌い告白「はっきりしろ!」

主演女優からの熱烈ラブコールに、ドラマ初出演を決めた。

大塚は昨年、主題歌担当歌手としてポスター撮影の現場を訪問した際、プロデューサーから出演オファーを受けた。さらに今年2月14日、都内で行ったライブに、香里奈がサプライズで登場。改めて大塚に出演を依頼し、快諾したという。

大塚が演じるのは、香里奈が演じる女刑事・庵堂蘭子と同じく警視庁に勤務する女性警官の役。香里奈からオファーを受けた際には「木とか電柱の役ならアリかなと思うんですけど…」と謙遜していたが、生涯初めて女性警官の制服に身を包み、11年ぶりの“女優業”で自然な演技を披露した。

撮影後は「(自分のせいで)撮影が終わらなかったら、どうしようと思っていた」と振り返りつつ「どうせなら誰かを逮捕したかったですね。一本背負いで犯人を投げて“確保!”みたいな」とジョークも飛び出すノリノリぶり。ファンに向けては「えー、恥ずかしいから見ないで下さい。ライブの時は、あんなに出演を嫌がっていたのに、婦人警官の制服を着て、ノリノリで写真を撮ってたじゃん、なんて思われてしまいますね」と笑顔で話していた。

香里奈は「“何か問題ありました?”と聞きたくなるくらい、自然に堂々とされていた。私の方が失敗しちゃったくらい」と女優・大塚を絶賛した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です