中村麻里子AKB卒業で女子アナに 4月からサンテレビ入社

AKB48の中村麻里子(23)が、今月いっぱいでグループを卒業し、4月から兵庫県の独立放送局であるサンテレビジョン(神戸市)に契約アナウンサーとして入社することが15日、分かった。契約は1年で、最大2回の更新が可能。報道キャスターを志しており、「地元の方に愛される存在になりたい」と新天地での活躍を誓った。

【動画】ご利益あった?中村麻理子、サンテレビ合格祈願した場所とは 紀香と陣内が…

AKBメンバーが女子アナに転身する。中村は昨年12月、大学卒業後の進路としてアナウンサーを志望。アイドル活動と並行して就職活動を行い、約10局を受験の末、サンテレビとの契約に至った。

中村はAKBでも屈指のトーク上手として知られ、2013年にはグループのドラフト会議でアシスタントを務めた。それでも「ガラッと職種が変わると思ってます。情報を正確に伝えないといけないし、より一層、身近な存在にならないといけないと思っています」と気を引き締めた。

メンバーにはほとんど伝えていないが、同期のグループ総監督・横山由依(24)と、昨年12月に卒業した島崎遥香(22)には相談していた。「ぱるる(島崎)は『本当に行っちゃうの?』みたいな感じで、深夜のファミレスで語りました。由依には『みんな、ちゃんと考えてるねんな~。未来に向かって頑張って』って言われました」と笑顔で明かした。

就職活動ではAKBの肩書を生かした。「エントリーシートに絶対書いていたのは『ステージの隅っこに立ち続けた7年間』と、『第一声でお客さんの心をつかみます』という言葉です」。面接を振り返り「『(総選挙で)圏外だったんだ』って言われたりしましたけど、『でも、しゃべれるんだね』という感じで“つかみ”は良かったです」と話した。

それでも、新天地では過去にすがるつもりはない。目標を「ニュースの原稿を読みたいんです」とし、理由として「それがAKBの中村麻里子と違う顔だと思うので。0からのスタートで、オプションで『この子、AKBだったんだ』ととらえてもらえれば」と意気込みを口にした。

千葉出身で関西には縁がなく、サンテレビのイメージは「阪神タイガース」という状態。「まずは地元を知って、地元の方に愛してもらうことが第一」としつつ、「将来はフリーになって、全国で活躍できるようになりたいです」と大きな夢も明かした。

星野源10年ぶり連ドラ主演 「逃げ恥」から一転、究極ダメ人間

俳優で歌手の星野源(36)が、WOWOWの連続ドラマ「プラージュ」(今夏放送、土曜後10・00、全5話)に主演する。演じるのは前科があるさえない男。「自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくてダメな人」という役柄で、10年ぶりの連ドラ主演を飾る。

【写真】照れながら恋ダンスを披露する新垣結衣

昨年のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、新垣結衣(28)とのコンビで“逃げ恥”ブームをけん引。こちらは家政婦と恋愛経験のない独身の会社員が契約結婚し、同居することから始まる物語だった。今作はガラリと役どころが変わり、罪を犯した人がどのように生きていくか、ということをテーマに描く人間ドラマ。

物語の柱が「同居」という部分が「逃げ恥」と共通する。星野が演じる貴生は、軽い気持ちで手を出した覚醒剤の使用容疑で逮捕され、仕事も家も失い、シェアハウス「プラージュ」にたどり着く。共に暮らすのはさまざまな過去を背負い、居場所を失った厄介者たち。同居人が引き起こす騒動に巻き込まれていく。

原作は誉田哲也氏の同名小説。人はかつての自分を取り戻せるのか、それとも社会の片隅で暮らすしかないのか。重厚なテーマながら、ユーモアたっぷりに描かれたエンターテインメント作品だ。

星野は演じる貴生を「ダメな人だと思います」と感じており、脚本を読んでいる時も「この人苦手だなあ」と声に出してしまうほど。それでも徐々に貴生の魅力に気付いて「妙に好きになってきている」そうで、「刺激的かつ楽しい作品を届けられるよう頑張りたい」と力を込めた。

中居6年同棲愛…12歳下の振付師兼ダンサーと 事務所は肯定も否定もせず

元SMAPの中居正広(44)が、AKB48グループの振り付けを担当する12歳下の美人ダンサー・武田舞香さん(32)と交際していることが15日、分かった。武田さんがSMAPの振り付け補助を担当したことで出会い、熱愛に発展。2人は6年以上にわたり、中居の自宅で同棲(せい)中という。“一生独身”をネタにし、笑いに変えていた中居だが、8月には45歳を迎える。SMAP解散を経て、心境に変化があっても不思議ではなく、近い将来の結婚の可能性もありそうだ。

【写真】武田さんが振り付けた「365日の紙飛行機」

結婚あきらめ発言はカムフラージュだった!?中居に同棲中の女性の存在が浮上した。

2人は、武田さんがSMAPの振り付けをサポートしたことで出会い、個人レッスンから仲を深めて交際を開始。中居の自宅での同棲は6年以上になるという。

お相手の武田さんは6年前からAKBグループの振り付けを担当。ジャニーズのコンサート参加経験があり、歌手・安室奈美恵(39)や板野友美(25)のバックダンサーを務めた。15年後期のNHK連続ドラマ小説「あさが来た」の主題歌で、AKB48の楽曲「365日の紙飛行機」の振り付けも手掛けた。関係者が「メンバーやスタッフから人望が厚く信頼されている。しっかりした人」と語る気立ての良い女性だ。

中居にとっては、2007年から08年にかけて交際が報じられた歌手・倖田來未(34)以来の熱愛報道。12年に報じられた豪州旅行の同伴女性も武田さんとみられる。

中居は15年5月当時、「一緒に住まない。監視しない。近づかない」と結婚3箇条を明かし、周囲も結婚の可能性を「ゼロでは」と語るほどだった。ただ、昨年のSMAP解散騒動や今年1月中旬に肺炎、気管支炎、肝炎の疑いで入院した時期も武田さんに支えられたようだ。グループからソロ活動となり、結婚に対する考えが変化することも考えられるだけに、将来のゴールインも期待される。

意中の人の存在が明らかになった中居はこの日、「第4回WBC」侍ジャパン公認サポートキャプテンとして、東京ドームで行われた日本対イスラエル戦に来場。豊富な知識で的確なコメントを発した。

なお、所属するジャニーズ事務所は熱愛について「ノーコメントです」と肯定も否定もしなかった。

お台場の実物大「ガンダム」の後継機、ユニコーンガンダムになった理由を聞いてみた

東京・お台場の観光名所となっていた、ダイバーシティ東京プラザの前にある実物大ガンダム。3月6日から撤去作業に入っています。バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社は5日、現在ガンダム像が立つ広場に、2017年秋までに新たなガンダム像を建てると発表しました。後継機となるガンダムは「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場する主人公機「ユニコーンガンダム」となります。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】ガンダムに登場した「オデッサ」「ダカール」…実際はこんな感じです

ユニコーンガンダムかっこいいな。見られる日が待ち遠しい…。ん、でもちょっと待った!

確かに「ガンダムUC」は名作だし、音楽もすごく良い。モビルスーツのデザイン、特にバイアラン・カスタムは素晴らしい。でも、作品が完結したのは2014年。36年の歴史という長いガンダムの歴史の中ではかなり新しい。なんでユニコーンガンダム???

Twitter上でもネットでも「ガンダム歴年表順でZガンダムがよかったな」とZガンダムを推す声や、「なんで!?ジオンのモビルスーツじゃないの?赤ザクとかグフとか!」と敵のメカであり人気のザクを推す声もあります。

お台場に置かれる“後継機”はなぜ「ユニコーンガンダム」だったのでしょう。BuzzFeed Newsでは、プロジェクトの広報に理由を聞きました。

――なぜ、今回「ユニコーンガンダム」が選ばれのか。理由を教えてください。

「宇宙世紀」を舞台にした作品であり、ガンダム立像から「宇宙に住むこと」「人と分かりあうこと」「人の持つ可能性」というガンダムの持つメッセージを発信できること。また、ガンダムシリーズの中で国内外ともにお客様の認知度が高いことです。

――「宇宙世紀」を舞台にした作品で、原作の発表年からいえば「機動戦士Zガンダム」内に登場するZガンダムやガンダムMk-II。国内外で認知度でいえば、アメリカで最初に放送されたガンダム作品である「新機動戦記ガンダムW」や若い世代に人気のある「機動戦士ガンダムSEED」もあります。

おっしゃるようなMSについての話も出ましたが、ユニコーンに決定した理由は、さきほどお答えした通りです。

――ユニコーンガンダム以外に後継機として候補に挙がったガンダムやMSを教えていただけますでしょうか? 例えばザクなどは候補にあったのでしょうか?

後継候補についてもいろいろ議論いたしましたが、候補にあがったMSについては非公開とさせていただきます。

どのMSが候補だったのかはミノフスキー粒子の…いや霧の中ですが、ユニコーンガンダムは作品中、人類の進化と可能性の象徴として描かれており、未来に向けたメッセージにもなりそうです。

なお現在解体中のガンダムは、先日左腕と頭が取れた「ラストシューティング」状態になり、ネット上で話題となりました。

解体でも多くのファンを楽しませてくれるガンダム。ありがとう。お疲れさまでした。

たけし、『ゴースト・イン・ザ・シェル 』は「実写化初の成功作品になる」出来に自信

ハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル 』の来日記者会見が16日、都内で行われ、少佐役のスカーレット・ヨハンソン、荒巻役のビートたけし、バトー役のピルー・アスベック、オウレイ博士役のジュリエット・ビノシュ、そしてメガホンをとったルパート・サンダース監督が出席した。

【関連】『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日記者会見<フォトギャラリー>

本作は、士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を、『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督が実写映画化。近未来を舞台に、脳以外のすべてが義体の少佐(スカーレット・ヨハンソン)が指揮をとる捜査組織公安9課が、世界を脅かすサイバーテロリストたちを阻止するために活躍する姿を描く。

日本発の人気マンガ・アニメの実写化ということにヨハンソンは「長い旅でしたが、本作を最初にお披露目するのは東京であることがふさわしい」と語ると「最初にアニメを拝見させていただいたときには、実写化のイメージが見えてこず、気持ちが怯んだ部分もありましたが、サンダース監督と長い時間会話をして世界観の共有をしました。世界中で愛されている作品に出演することは光栄であることと共に責任を感じますが、キャラクターの成長と共に自分も成長できました。とても大きな経験ができた作品です」とすがすがしい表情で語っていた。

そんなヨハンソンの取り組みに、たけしは「大きなバジェットの映画に出られたことは、自分にとって大きな経験でした。役者をやるとき、どう振る舞ったらいいかスカーレットさんに教えていただいた。素晴らしい人です」と絶賛。

さらにたけしは「人気のコミックやアニメの実写化は文句を言われることが多いけれど、原作に忠実であり、しっかりと新しいものが入っている。アニメ・コミックの実写映画で、最初の成功作品になるのではないか」と出来に太鼓判を押すと「唯一の失敗は、荒巻なんじゃないかな」と自虐コメントで会場を笑わせていた。

サンダース監督は「この作品は世界中にファンが多く、しかも士郎さんや押井さんに恥じないような作品を作らなければいけないというのは、すごいプレッシャーではありましたが、私はそういう状況に置かれることが嫌いではないのです、想像力を全開にして、やりつくす気持ちで作品に臨みました。一人でも多くの人に観ていただきたいです」と作品をアピールしていた。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル 』は4月7日より全国公開。

渡瀬恒彦さん 主演ドラマの打ち合わせ翌日に容体急変

敗血症による多臓器不全のため、14日に都内の病院で死去していたことがわかった俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)の葬儀・告別式は近親者のみで行われることがわかった。

渡瀬さんは2015年秋ごろから胆のうがんで闘病していたが、事務所関係者によると2月中旬から左肺に気胸を発症して入院。気胸はかなり回復しており、13日には4月スタートの主演ドラマ「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系)の撮影スケジュールの打ち合わせなどを行っていたという。

事務所関係者によれば「13日に会ったとき、本人は撮影に戻るつもりでいました。本人の好きな作品の1つでしたから。それが14日夜に容体が急変した」といい、最後は奥さんと息子、娘の3人にみとられて天国へ旅立ったという。

なお、「お別れの会」は後日行う予定だというが、現在のところ日程は決まっていない。

井ノ原 渡瀬さん哀悼「同志であり恩師です」

俳優・渡瀬恒彦さん(享年72)が14日に亡くなったことを受け、渡瀬さんが主演する人気ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」で長年共演するV6の井ノ原快彦(40)が16日、所属事務所を通じ、追悼コメントを寄せた。関係者によると、4月スタートの同ドラマの1、2話分は入院中の渡瀬さん抜きで撮影を終えていた。

【写真】兄・渡哲也が追悼「喪失感は言葉にならない…」

渡瀬さんは、最後まで「9係」への出演への熱意を燃やし、亡くなる前日の13日も同ドラマの打ち合わせを行っていた。その後、容体が急変し、帰らぬ人となった。

井ノ原は「思い出が多すぎて、今は何から話していいかわかりません。渡瀬さんは僕の同志であり、尊敬する恩師です。これからも変わらず、大好きです」と哀悼した。

同ドラマは06年にスタート。井ノ原は渡瀬さんふんする加納倫太郎の娘・倫子(中越典子)の恋人で9係の刑事・浅輪直樹を演じている。

なお、テレビ朝日は16日、12年目のシーズンを迎える「9係」(水曜、後9・00)について、予定通り、4月から放送すると発表した。

石田純一が明かした、3回結婚した理由〈AERA〉

これまで3回の結婚を経験し、それぞれの妻との間に子どもは計4人。最初は学生結婚、2回目は不倫離婚、3回目は22歳の年の差婚……人の何倍も濃い結婚、再婚人生を歩んできた俳優の石田純一(63)。稀代の「モテ男」は結婚、再婚でいかなる男女の機微を学んだのか。石田がたどり着いた「極意」を聞いた。

*  *  *
最初の結婚はまだ早稲田大学の学生の頃で、僕が21歳、彼女が19歳。僕はその頃、アメリカで演劇の勉強をするために留学を決意していました。彼女が長男(俳優のいしだ壱成=42)を妊娠中に僕が渡米することになり、彼女も「後で行くから」と言っていたのですが、いつまでたっても現れず……半年後くらいに「彼氏ができた」と言われました(笑)。彼女は美人で頭もよく、センスがあるのでモテましたから。結局、一度も同居することなく、僕が帰国した2年後に離婚することになりました。

最初の結婚の反省を生かし、次に結婚するなら経済力や社会的な地位を確立してからにしたい、と考えました。30代半ばになって俳優の仕事も軌道に乗り始めた頃、女優の松原千明さん(59)と出会い、1988年に結婚しました。90年には長女(モデルのすみれ=26)が生まれて、僕も寝る暇がないくらい俳優の仕事が舞い込んできて、すごく充実した日々。夫婦生活も本当に円満だったんです。

でもその分、僕に油断があったんですね。出演ドラマがヒットして、周りからちやほやされて、女性からもモテるようになった(笑)。昼は連ドラを撮って、夜は映画の撮影という毎日。家にいないのが普通になってしまい、その環境に僕も甘えてしまった。若かったのでイケイケになってしまい、仕事も家庭も恋愛も、俺は何でもできるんだと慢心してしまったんです。それで、ある女性と不倫関係がずっと続いてしまい、松原さんと娘を傷つけてしまう結果になった。

身勝手な言い方ですが、僕は松原さんとの結婚生活に何の不満もありませんでした。離婚後は自分の行動の甘さを自分で責める日々が続きました。不倫騒動で長らく仕事も失っていたので、経済的にも苦しかった。こう見えて、僕も離婚後はかなりつらい日々を過ごしているんですよ(笑)。

今の妻の(東尾)理子(41)と結婚したのは、彼女が34歳で僕が56歳のとき。理子は壱成やすみれ、松原さんのことも受け入れてくれています。離婚しても、養育費の面も含めて、元妻や子どもたちとは絶対に切れないんです。むしろ絶対に切ってはいけない。それは男のプライドとして持つべき部分だと思います。

でも、理子がそれを受け入れてくれるのは、彼女が過去にいろいろな恋愛経験をして、僕という男を理解してくれるだけの人間的な成熟があったからです。これがお互いに10年前だったら結婚まで至っていないかもしれません。家庭生活でもそう。理子はすごくきっちりした性格なので「これはどうなの!」と責められることもある。30代までの僕だったら道理や論理で「正しさ」を主張していて、大げんかになってしまっていたはずです。でも、過去の結婚で学んだことは、そんな理屈は何の意味もないということ。負けるが勝ちじゃないけれど、妻と衝突せずに家庭を上手に運営していける男性こそが「勝ち」だと思うのです。

なぜ3回も結婚したのかといえば、僕の中で「やりきった感」がないからです。理子という素敵な女性と3度目の結婚ができたのだから、男として仕事をする、夫として妻を支えるのは当然として、遅ればせながら、父として息子(理汰郎くん、4歳)と娘(青葉ちゃん、0歳)の子育ても全力でやりたい。そうして、過去を取り戻している部分があるかもしれません。今度はヘトヘトになるまで、この最後の結婚生活を「やりきりたい」と思っています。そして、僕と結婚してくれた女性たちには、今でも感謝の気持ちしかありません。(談)

(聞き手・構成/編集部・作田裕史)

※AERA 2017年3月20日号

土村芳、震災から6年の故郷思い涙 トンネル内の新幹線で被災、9時間後に救出

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演中の女優・土村芳(26)が11日、滋賀県の琵琶湖で、春の風物詩イベント「第62回びわ湖開き」に参加し、遊覧船の1日船長を務めた。東日本大震災から6年。岩手県出身の土村は、震災当日に帰省する新幹線がトンネル内でストップし、9時間缶詰になった後に救助されたことを明かし、故郷への思いを語る途中で涙を流して絶句した。

【写真】君ちゃんの息子は15歳のはずが…リアル年齢に仰天

大学時代を京都で過ごし、琵琶湖で自主制作映画を作った思い出などを語った土村。しかし、故郷を襲った震災のことを問われると「その日は、ちょうど実家に帰省する新幹線の中にいて、仙台駅を過ぎたあたりで地震にあって、トンネルの中で9時間くらい缶詰になった体験があります」と明かした。

その間、携帯電話の電波は届いておらず、実家とも連絡がとれない時間が続いたという。

「救助していただいて、県境で1泊して、次の日はバスを手配してくださったので、実家に戻ることが出来たのですが…」と振り返った。

「実家は幸いに内陸だったので大丈夫でした」と話したが、3月11日が訪れると感じることを聞かれると「やっぱりこの日になると…なかなか…」と涙がこぼれ、「すみません…」と言葉が出なくなった。

イベントの式典では被災地に向けて、参加者全員が黙祷。土村は「皆さんと黙祷を捧げることができたので、思いが地元に届いていればいいなと思います。まだ肌寒いので、温かい春の空気が広がればいいなと思います」と故郷への思いを語っていた。

元AKB48菊地あやか、第2子女児出産「あー可愛い…幸せ」

元AKB48の菊地あやか(23)が10日午後8時54分に第2子となる2700グラムの女児を出産した。11日に自身インスタグラムで愛娘の写真を添え「これからまた新たな気持ちで家族力を合わせて頑張ります」と喜びをつづった。

【写真】元AKB菊地あやか、愛息子を抱いて初親子ランウェイ

「元気な女の子を無事出産致しました」と報告した菊地は「母子ともに健康です。予定日に産まれてきてくれた娘。息子が産まれた時にそっくり…笑 本当に産まれてきてくれてありがとう」と感謝し「これからまた新たな気持ちで家族力を合わせて頑張ります あー可愛い…幸せ」と思いを記した。

フォロワーからは「あやりんおめでとう! まりやぎと同じ誕生日だね!」「おつかれさまでした!かわいい」「おめでとうございます! 子育ては楽しく気楽にいきましょう」など祝福の声が続々と届いている。

菊地は2006年12月、3期生としてAKB48に加入。08年8月に脱退し、同年11月に7期生として再加入した。その後「ファッション関係やモデルさんなどもっと自分がやりたい事を見つけて進んで行きたい」と14年4月21日に卒業した。プライベートでは、14年11月に年上の一般男性と結婚し、15年4月に第1子男児を出産している。